今週のお書道 part13


米びつ(お米をいれる木箱)から、1粒の米をとっても、お米が減ったかどうかは分からない。けれども、1年、2年、そして3年と毎日1粒ずつ取っていくと、減ったことが分かる。反対に米びつに1粒の米を加えても増えたかどうかは分からない。けれども、1年、2年、3年...と毎日1粒ずつ加えていくと、増えたことがわかる。勉強や習い事も同じだ。1日だけ勉強したり練習したりしても、すぐにかしこくなったり、上手になったりすることはない。反対に1日怠けたからといって、次の日にすぐに分からなくなったり、下手になったりするわけではない。けれども毎日、毎日、ほんの少しずつでも努力を続けると、1年や2年後には分かるようになり、上手になったことも分かる。反対に、毎日少しだけでも怠けていると、気が付いたときには勉強も分からなくなり、下手になってしまっている。どんなことでも、続けることが力になるのだ



江戸時代中期の政治家・学者 新井 白石(あらい はくせき)の言葉です


最近歴史の勉強をすることが多いのですが、昔の偉人は凄い人がおおいですねー、がんばらねばばば




九成宮醴泉銘

P_20190709_173825_1_p




P_20190607_175736_1_p





集字聖教序

P_20190709_173833_1_p



P_20190607_175756_1_p

Related Entries

0 コメント

コメントを残す