category: お寺ガーデニング  1/2

東光寺春の花pic

最近グッと暖かくなって境内の桜が満開になりました気づいたらもう散っていってしまっているものもあり桜は儚いものです写真を撮るのを忘れて若干しおれかけ気味ですが、県南の母の実家からもらってきたスイセンも無事越冬していましたあまり手を掛けずに強い植物がすきです笑こちらはもっと球根を掘って調整しながらキレイにならべたいところ昨年挿し芽から露地に移したアジサイのブラダルシャワーも元気ですこの辺はウッドチップ...

  •  0
  •  0

園芸のネームプレートが消えてしまう問題 ①油性ペン×クリアスプレーコーティング

秋田も11月の中旬を迎え一気に寒くなってきました東光寺には雪囲いが大変な庭はないため、そんなに特別なことをする必要はありませんが庭仕事をしていると気づいた点が三年目のピンクアナベル今年の猛暑でしなしなになってましたが、無事冬を越せそうなピンクアナベルよくみてみるとネームプレートが完全に消えてしまっていますいいとはおもったんですが・・Aliexpressで安く購入した鉄製の名前プレートなんですが油性ペンで書いた...

  •  0
  •  0

初秋にスズランの刈り込みをしてはいけない理由

2か月前、9月末の秋彼岸ごろに境内のスズランの刈り込みをしたという記事をアップしましたが圧倒的に悪手でしたスズラン(鈴蘭)花終わり後のお手入れと増やし方の謎9月20日ころに刈り込んだ様子11月現在スズランは花が終わると葉が紅葉せずに茶色くちょっと汚らしい感じになってしまうのでかなりフライング気味に刈り込んでしまいました上の二枚の写真を見ていただくと分かると思うのですが、スズランの葉を刈り込んだことによっ...

  •  0
  •  0

鉢植えの中にミミズを入れるのが良くない理由

ミミズが好きな人はいますか?わたしも得意ではなくて手で直接触れないこともないんですがちょっと遠慮したいところですうにょうにょしたフォルムとうごめく姿は苦手な人の方が多いでしょうしかし最近の環境に関わる世間の意識の変化やSDGsの観点などからその土壌改良とエコフレンドリーな生体によって見直されてきた存在であると感じますわたしもお寺の植栽管理をしたりコンポストを使うようになって少しづつ苦手意識がなくなって...

  •  0
  •  0

北国で母の日のカーネーションを延命させる方法

母の日にお母さんにカーネーションを送っている方は多いと思います昨今では普通の鉢植えのほかにデザインフラワーやブリザードフラワーもあったりしますが長く楽しめるのは鉢植えということでいつも楽天の早割をつかって送っています今回の記事は母の日のカーネーションを延命させる方法どこかのブログで母の日のカーネーションをお庭に植えていっぱいにしている写真をみたのがキッカケです副住職も色々試してみましたが、秋田の寒...

  •  0
  •  0

スズラン(鈴蘭)花終わり後のお手入れと増やし方の謎

9月にはいっても暑い日が続いていましたがさすがに下旬になってくると朝晩は涼しくなりましたね今日は秋のお彼岸の中日も終わりまして時間をみつけて境内で気になっていたスズランのお手入れをすることに秋が近付くと変色します秋分の日は昨日でしたが日曜ということでお参りの方もこられる中、作業しましたマイナス10℃まで耐えられるそうです本堂西側にあるスズランもわたしが子供の時からあった気がしますが住職が増やしたそうで...

  •  0
  •  0

油かすを利用した液体肥料DIY②<発酵完了・施肥>(完)

  油かすを利用した液体肥料DIY①<仕込み編> ↑前回記事はこちら 仕込んだ油かす×水で発酵させている液肥 今回記事では1カ月まえに仕込んだ油かすと水でつくるDIY液肥の完成と施肥の様子をお伝えしたいとおもいます 上にある写真が仕込んだ日の物。骨粉入り油かすを水に入れて攪拌しているため泥水のように見えます ・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・ ...

  •  0
  •  0

アナベルの支柱たてーエレーベーター方式の支柱で問題解決ー その2(完)

↓前回の記事はこちらアナベルの支柱たてーこの花どうやって野生で・・・ー その1自重と雨で折れてしまったアジサイ・アナベルお寺で育てているアジサイのアナベル元々茎が細い花ということもあり、東京から帰ってくると梅雨と自重により折れていたり、根っこまでもっていかれそうなものも多かったため支えの必要を感じたのが前回記事です・・・・・・・・・・早速支柱を探してみることに残念ながら東光寺には金属製のものはあり...

  •  0
  •  0

アナベルの支柱たてーこの花どうやって野生で・・・ー その1

こちらは5月ごろの写真東光寺で増やそうと頑張っているアナベルという白いアジサイ無事今年も冬を乗り越え一番古い株は5年目くらいでしょうか?本山に当てはめてみるとだいぶ古参になってきましたいまいちジャストな剪定の仕方がわからず、挿し芽をしながら育てているのですが梅雨前にはぐんぐんと成長しつぼみもたくさんみられ安心していました6月も終わりのころに差し掛かり東京での研修から帰ってくると大玉の白い花を咲かせて...

  •  0
  •  0

アナベルの緑枝挿し

東光寺の裏側に植えている真っ白い花がつくアジサイのアナベルも順調に増えてきたのでこのたび緑枝挿しに挑戦することに「緑枝(りょくし)挿し」とは、最も普通に行われる挿し木の方法、今年伸びた枝を挿す。挿し木は、切った枝を土に挿しておくだけで根が出て苗ができるふやし方特にきにしないまま調べた情報を参考に実践していたのですがいままで私がやっていたのは、完全に花が終わった植物を挿していたので”休眠挿し”と言われ...

  •  0
  •  -