category: 書籍紹介(一般書籍)  1/1

【書籍紹介】世界でいちばんやさしいフォルダ整理の教科書: 仕事に役立つ!パソコンデータの整理術 大量のデータがすっきり片付く 整理シリーズ <ふかひれ (著) (2022/10/5)>

個人の場合はデータを探すのに時間がかかっても怒られないので汚くしていても困りません本人以外はデータ整理の決定版(『整理シリーズ』第1弾)Word、Excel、PowerPoint、メモ帳、画像、写真、PDF・・・。お使いのパソコンやスマートフォンにあるデータはきちんと整理できていますか?ありとあらゆるデータがパソコンやクラウド内に溢れていたり、デスクトップがアイコンだらけの方、いらっしゃいませんか?本書は、そうした「デー...

  •  0
  •  0

【書籍紹介】職場の嫌な人から自分を守る言葉の護身術: ムダに「反応しない」。ムダに「争わない」。 <後藤千絵(著) (2023/3/9)>

ムダに「反応しない」ムダに「争わない」ー これが「言葉の護身術」の極意ですカチンとくる一言、高圧的なもの言い、陰湿な嫌がらせ……。どんな職場にも「嫌な人」が必ず1人や2人はいるものです。本書では、そんな「嫌な人」から自分を守る「言葉の護身術」を紹介します!基本スタンスは、ムダに「反応しない」。ムダに「争わない」――。相手と正面からぶつかるのではなく、相手の攻撃をかわしたり、相手の力を利用して反撃する賢い...

  •  0
  •  0

【書籍紹介】まずは小さくはじめてみる 単行本 <大木 浩士 (著) (2022/12/13)>

最初に踏み出すべきは、<小さな一歩>です。できて当たり前の簡単なことからはじめてみるのです。まずは小さく始めてみるという題名が気になってKindle primeで発見して読んでみました誰かにやれと言われたことではなく、自分の意志ではじめる何か。これまでの経験を活かす取り組みや、大切な人の課題解決につながる活動など。そんな動きを始める時、あなたという個人に<旗>が立ちます。私もスロースターターというかさぼりやと...

  •  0
  •  0

【書籍紹介】今日から役に立つ!使える「語彙力」2726<西東社編集部・株式会社西東社(2018/7/31)

日本には美しい言葉が千言万語あります最近お話したり文章を書く機会をいただくのでAmazonプライムで無料だったのを見つけて読了私の知らない間に”敬語の種類”が増えていました調べてみると2007年に文化庁がまとめた「敬語の指針」から 今は尊敬語、謙譲語Ⅰ、謙譲語Ⅱ、丁寧語、美化語の5つに分けられるようになったそうです。2007年以前に義務教育を終えた方はびっくりではないでしょうか?「美化語」というものがオフィシャルな...

  •  0
  •  -

【書籍紹介】一生使えるプレゼン上手の資料作成入門 <岸 啓介 著・インプレス出版(2017/3/3) >

資料作成により業務の前に事前確認をする習慣がつくようになる。そして構成に沿って作り進める作業は、プロセスを意識した仕事をする基礎になる【書籍紹介】一生使える見やすい資料のデザイン入門 <森重湧太 著・インプレス出版(2016/1/22)以前こちらで紹介した、「一生使えるシリーズ」の第2弾内容と方向性は似ていて同一シリーズですが著者は違うようですシリーズ前作は資料作成におけるデザインが中心でしたが、今作は実際の...

  •  0
  •  -

【書籍紹介】一生使える見やすい資料のデザイン入門 <森重湧太 著・インプレス出版(2016/1/22)>

伝わる資料は文字を「読ませない」檀信徒の方から伺う声として曹洞宗には本山が2つありまして、大本山永平寺にしても總持寺にしても受付処を見た人が「お坊さんがずらーっとならんだパソコンの前で仕事をしていてびっくりしました」というものがあります私のいる東光寺も同じくお寺は何百、何千もの情報を扱うので、そういった部分は近代化されているところが多いと感じますもちろんお寺で200年前から扱っている東光寺の過去帳は...

  •  0
  •  -

【書籍紹介】火葬場奇談 1万人の遺体を見送った男が語る焼き場の裏側 – 2022/9/5 下駄 華緒 (著)

同じ日本のなかでも、お互いが「ウチのやり方が全国のやり方」と思っていることが多々ある火葬場で火葬技師として長年働いていた下駄さんの本(Youtubeチャンネルもあるらしいです)おどろおどろしい感じのホラー本のような表紙に一瞬躊躇してしまいそうですが内容は就労時代のエピソードが中心で、事実ベースな書き方でとても面白いです葬儀作法、火葬作法、供養作法には地域差がものすごいありまして私がいる秋田県(東北)は先...

  •  0
  •  -