一枕鳥聲残夢裡 半窓花影獨吟中

P_20190105_150423(1)



「一枕鳥聲残夢裡 半窓花影獨吟中」    陸游   



先日ありました ”瀾の会書道展” に副住職慶道が出典したものです



今回書かせていただいた漢詩を書いた人は「陸游(りくゆう)」と言います。

南宋時代の代表的詩人です。漢詩の現存作品は9200以上あるとのこと


陸游 - Wikipedia


今回の漢詩は



一枕鳥声残夢裏 半窓花影独吟中



意訳「夢からまださめない夜明けに鳥の声が耳に聞こえてくる。窓に半分ほど花影が映っている中で、一人詩を吟じている」


副住職は中国にいったことがありませんが、陸游がかつていた中国の朝の生活が感じられる詩だと思います

関連記事

書道 陸游 瀾の会

0 コメント

コメントを残す