archive: 2017年09月01日  1/1

仏教語コラム ”行雲流水”

空を漂い行く雲も、とどまることなく流れる水も、自然の流れに逆らうことがないことから。空行く雲や流れる水の行方が定めないという意味から、諸国を行脚する僧(特に禅宗の僧)をさしていう。または、単に気ままな旅のことをさす場合もある。北宋の文豪蘇軾の言葉。「文を作るは行雲流水の如く、初めより定質無し。但常に当に行くべき所に行き、止まらざるべからざる所に止まる(文章を作るときは空を行く雲や流れる水のように、...

  •  0
  •  closed