category: 東光寺について  1/2

東光寺に仁王像一対をご寄進していただきました

昨年、お檀家さんの熊谷泉さん(秋田市中通)が仁王像一対を寄付してくださいました像の高さが約80cmあります。本堂須弥壇の東西に安置しました。仁王とは、金剛力士、二王ともいいます。寺門あるいは須弥壇前面の両側に安置した一対の仏教護持の神像の姿は上半身が裸形で、筋骨隆々としております。忿怒(ふんぬ)の相で、一体は口を開き一体は口を閉じ両者で阿吽の相をなしています。「忿怒の相」大いに怒る様子。「阿」は口...

  •  0
  •  -

東光寺 ”写経と読経の会”の流れ

最近ありがたいことに、お電話やメールで問い合わせをいただくことが多いので・・・東光寺で毎月28日に行われている「写経と読経の会」の流れと良くいただく質問をまとめましたQ 東光寺の場所について13号線を仁井田方面に来ていただいてTSUTAYAを目印に向かっていただければわかりやすいと思います初めて東光寺に来られる方は、当山のアクセスに交通手段やGoogle mapのリンクを置いていますのでご覧ください東光寺までの交通...

  •  0
  •  -

東光寺の御朱印解説

最近御朱印ブーム東光寺もご希望であったり、お寺や皆さんが書かれたものを納経される際は御朱印を受け付けております今日は東光寺の現在の御朱印とその印について少しお話したいと思います①奉拝(寺紋印)奉拝とはお寺や神社に来られた方が、つつしんで拝ませていただいたという意味です。重ねて押してある扇形の印鑑は、佐竹扇という東光寺の寺紋になります②山号と寺院名(寺院印)「崇源山」は東光寺の山号であり、一緒にお寺の...

  •  0
  •  -