category: 仏教語コラム  1/3

仏教語コラム ”托鉢”

托鉢  -僧が修行のため、鉢(はち)を持って、家の前に立ち、経文を唱えて米や金銭の施しを受けて回ること-この記事を今ご覧になられている方 ”托鉢(たくはつ)” を見たことがありますか?都会の大きい駅に上のような写真の恰好で立っている方がいらっしゃいますね秋田ではなかなか気候の関係もあってひとりで立っていることは少ないですが、秋田市では市内の曹洞宗僧侶が毎年12月1日から5日まで托鉢をしています托鉢とは、...

  •  0
  •  -

仏教語コラム ”過去帳”

当ホームページでも何回か質問があって過去帳について書かせていただきました【Q&A】過去帳を書いていただけないでしょうか?東光寺であつかっている過去帳いままで紹介したのは皆さんのご家庭の仏壇用の過去帳です在家用過去帳(一般のご家庭用の過去帳)一般のご家庭用の過去帳は折本形式が多く「過去帳」や「過去帖」といいます 歴史が長い家になると仏壇の中の位牌は数が増えると仏壇内に置ききれなったり、経年劣化により...

  •  0
  •  -

仏教語コラム ”寿餅”

少し前のブログの記事でアップさせていただきましたが、曹洞宗では寿餅という習慣があります寿餅は「新しい1年迎える機会に、師匠の無病息災や長寿などの祈りを込めたお餅」のことです。徒弟2名から寿餅をいただきました(^^♪<参考URL>東光寺では、臼や杵を用意して大規模につくといった形ではありませんが、お餅はお供え用・寿餅用・家庭用を含め前年の28日に準備しています新年が明けるとお正月の三ケ日は三朝祈祷といって、...

  •  0
  •  -