category: 書道  1/4

一枕鳥聲残夢裡 半窓花影獨吟中

「一枕鳥聲残夢裡 半窓花影獨吟中」    陸游    先日ありました ”瀾の会書道展” に副住職慶道が出典したものです今回書かせていただいた漢詩を書いた人は「陸游(りくゆう)」と言います。南宋時代の代表的詩人です。漢詩の現存作品は9200以上あるとのこと陸游 - Wikipedia今回の漢詩は一枕鳥声残夢裏 半窓花影独吟中意訳「夢からまださめない夜明けに鳥の声が耳に聞こえてくる。窓に半分ほど花...

  •  0
  •  -

第41回 瀾の会書展@アトリオン2F開催中です

あけましておめでとうございます(2回目)早いもので今年もすでに5日が過ぎました三箇日も気づいたらあっというまですね現在、秋田駅西口のアトリオンにて副住職が通っている ”瀾の会” 書展が開催中です(6日の日曜まで)わたしも恥ずかしながら出品してますので、お買い物や用事で駅前にいかれるかたは足を運んでいただけるとありがたいです今年の年会表がしあがりまして本堂に掲示いたしましたいつもは旧年中に終わらせるんで...

  •  0
  •  -

茂林華雲書展@さきがけホールに伺ってきました

昨日は秋田市のさきがけ新聞社のホールで開催されている茂林先生の個展にいってきました茂林老師は山本郡曹洞宗鳳来院さんのご住職で、ちょうど昨年参拝させていただいたご縁がありますこちらの作品は近づいてみると・・・・小さく書かれた千字文の上から大文字で書かれた大作品会場には大小50点以上の作品があり、気に入ったものは購入できるものもあるとのことです展示場の一角にはお茶のコーナーや、作品に使われた書道用品の展...

  •  2
  •  -