category: ご報告  1/2

7月26・27日 2018禅のつどい@天龍寺

子どもたちが坐禅で精神統一「禅のつどい」開催/秋田子どもたちの坐禅体験「禅のつどい」が7月26日、27日の2日間、秋田市新屋の天龍寺で行われました。この「禅のつどい」は、子どもたちにお寺の修行体験をしてもらおうと、夏休みのこの時期、毎年1泊2日で開催されています。33回目を迎えた今回の「禅のつどい」には、秋田市内の小中学生24人が参加しました。始めに開講式が行われ、坐禅の意義やお寺での決まりごとなどの説明があ...

  •  0
  •  -

7月27・28 2017禅のつどい@白馬寺

背筋は真っすぐ座禅で精神統一 -手形の寺、小中学生挑戦- 子どもたちが寺や座禅に親しむ「禅のつどい」が27,28の両日、秋田市手形の白馬寺(佐藤素孝住職)で開かれ、市内の小中学生15人が1泊2日の日程で座禅や写経に挑戦し集中力を養った。 座禅では「姿勢をよくして」「息を整えて」とアドバイスを受けると、手足を組んで背筋を真っすぐに伸ばし、真剣な表情で精神統一。約25分にわたる座禅を終えると、心が落ち着いた様子...

  •  0
  •  -

8/2 「九州北部並びに秋田県豪雨災害支援托鉢」

7月5日からの九州北部豪雨、そして22日からの秋田県豪雨への支援托鉢・・・我々は8月2日の午後4時より秋田市手形・白馬寺さんから出発し「九州北部並びに秋田県豪雨災害支援托鉢」を勤修いたしました。たく はつ [0] 【托▼鉢】〔梵 piapātika 鉢の中に物を受ける意〕 ① 修行僧が,鉢を持って市中を歩き,他人の家の前に立って施しの米や金銭を受けて回ること。乞食(こつじき)。 「 -僧」 「市中を-する」 ② 禅寺で食事の際,...

  •  0
  •  -