消滅の危機にあった寺が参拝客5万人超の「死ぬまでに行きたい絶景」に52歳副住職が20年地道に続けたこと


ふとインターネットでプレジデントを見ていると


男鹿市の雲昌寺さんの副住職・古仲宗雲老師のインタビュー記事を拝見しました


消滅の危機にあった寺が参拝客5万人超の「死ぬまでに行きたい絶景」に…52歳副住職が20年地道に続けたこと<President onlineページのリンク>




unsyo




男鹿半島北部の北浦にある雲昌寺さんは東光寺(仁井田地区)から50km強、副住職は平成27-28年くらいに曹洞宗青年会のこともだちと一緒に泊まるプロジェクトで何度か伺わせていただきました


ちょうど観光の方が爆発的に増えて、維持のために有料化するちょっと前だったと記憶しています


7月と8月に伺ったのでアジサイの花は終わっていましたが物凄い敷地の広さとお花でした


それからはJRの広告になったり周りの地域が活性化したり物凄いご活躍です


こちらの記事はそのストーリーが全部載せられているのでみなさまもぜひご覧ください

雲昌寺あじさい男鹿あじさい

東光寺に布製マスクが大量にあります!!!ご自由にどうぞ

PXL_20220619_051437959




厚生労働省から大量のマスクが届きました


こちらの記事で触れさせていただいた厚生労働省マスク・・・


コロナウイルス流行初期は供給がまにあわず困っている方も多くいらっしゃたことかとおもいますが


もはや100円均一にも商品がもどってきましたね(いいこと)



PXL_20220619_052054771




ニュースを見て申し込んだら大量に送っていただいた政府のマスクがお寺には大量にあります(1000枚!!)



本堂東側のなでぼとけ(おびんづる様)さんがいるところにポップと共に置いてありますので、みなさまお参りの際はご自由にお持ち帰りくださいませ

厚生労働省マスクおびんづる

合葬墓への改修に向けて供養塔の魂抜きをしました


心抜きの様子

PXL_20220627_012839520




なんどかこちらの東光寺ブログとお寺からのおたよりでお知らせしましたが


先代住職が建立した供養塔を改修して境内に合葬墓を作ることになりました


そのために改修工事がはいりますので、住職とともに魂抜きの作法をさせていただきました





先代住職:東光寺9世英岳敏雄大和尚の時代に作られたそうです

PXL_20220627_012903535




詳しい建立の経緯や年号は資料が残っておらず分かりませんでしたが


せっかく作られた上のほとけさま3体はそのままで土台と大容量の納骨スペースを確保する形で合葬墓へと改修されます


風化したところはみられますが、ほとけさまと土台の石は男鹿の寒風山の石が使われているとのこと


今ですと墓石は御影石が多くインドや中国から大型船で輸入されているそうですが、当時は石材を確保するだけで大変なことだったでしょう



PXL_20220628_065847303



魂抜きされたほとけさまとお地蔵さんは一度


根田石材店


の元へ運ばれました



PXL_20220628_194538643



秋田市もまだ梅雨で不安定な天気なので晴れ間をみながらの作業になるということです


完成はお盆前の予定です、また進捗が分かり次第こちらのブログにてご報告させていただきます

合葬墓永代供養秋田市合葬墓じまい